はちみつについては、消費者が必要とする商品を、安心して選ぶことができるように、不当景品類および不当表示防止法(「景品表示法」といいます。)に基づいて、昭和44年11月「はちみつ類の表示に関する公正競争規約」が定められています。

公正競争規約では、はちみつ、甘露はちみつ、巣はちみつ及び巣はちみつ入りはちみつの「はちみつ類」について、商品名、原材料名、採蜜国等の必要表示事項の表示方法のほか、品質基準である「組成基準」、「有機」の表示方法や特殊な蜜源のはちみつが入っている場合の強調表示の方法、乳児ボツリヌス症の注意表示を行う場合の基準を定めています。
また、容器包装等のラベルやインターネット上の表示によって一般消費者に品質や取引条件について誤認を与えることを禁止しています。

禁止している表示として、次のようなものがあります。
1.「はちみつ」の定義に合致しないものに「はちみつ」と表示すること。
2. 品質、原料、原産地、採蜜源等について一般消費者に誤認されるような表示をすること。

公正競争規約、施行規則(PDF)

はちみつの検査要領(PDF)

規約の解説

(ただいま準備中です)

はちみつの定義

公正競争規約における「はちみつ」とは、みつばちが植物の花蜜、植物の分泌物又は同分泌物を吸った他の昆虫の排出物を集め、巣に貯え、熟成した天然の甘味物質であって、特定の性状(特有の香味)を有し、また、別に定める組成基準に適合したものです。本協議会は、毎年、全会員から自社製品を提出させ、表示が適切にされているか、品質について民間の研究機関に委託して組成基準に合致しているかどうかをチェックし、消費者が、いつも安心してはちみつを購入できるよう努めております。

お気軽にお問い合わせください。03-6661-9183受付時間 9:30-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら