公正競争規約

このエントリーをはてなブックマークに追加
 はちみつについては、消費者が必要とする商品を、安心して選ぶことができるように、不当景品類および不当表示防止法(「景品表示法」といいます。)に基づいて、昭和44年11月「はちみつ類の表示に関する公正競争規約」が定められています。本協議会は、消費者がはちみつを購入する際役立つように表示や品質に一定の基準を設け、この基準に従って表示することとしています。
 はちみつに表示すべき事項として、公正競争規約に次のことを表示するよう定めています。また、表示の基準は、次のとおり定められています。
①「加糖はちみつ」にあっては、商品名の直上又は直下に商品名と同じ大きさの活字で「加糖はちみつ」と表示しなければならない。
②「国産」と表示する場合には、すべて国内で採蜜したものでなければならない。

 禁止している表示として、次のようなものがあります。
①「はちみつ」の定義に合致しないものに「はちみつ」と表示すること。
②推薦等の表示(当該商品と推薦との内容が不明瞭であるため)。
③品質、原料、原産地、採蜜源等について一般消費者に誤認されるような表示をしてはならない。

はちみつの定義

  みつばちが植物の花蜜を集め、巣に貯え、熟成した天然の甘味物質であって、特定の性状(特有の香味)を有し、また、別に定める組成基準に適合したものをいう。本協議会は、毎年市販のはちみつを購入し、表示が適切にされているか、品質はどうかなどの検査を行っており、消費者が、いつも安心してはちみつを購入できるよう努めております。

会員証

 規約に定められた規格を守り、且つ適切に表示をしている会員には、
右図のような会員証の貼付を希望により認めています。